新しい取り組み(臨床美術)

2019-09-02

ハトホーム在宅サービスセンターでは、今年から『臨床美術』を実施しています。

この臨床美術は、『臨床美術士』の資格を取得した職員が実施しています。

この日は『マイ・カボチャ』を作りました。

まずは、カボチャを見ることから始めます。

表面のゴツゴツした感じ、でこぼこした感じ、形の面白さ、色合いなどをじっくりと観察します。

そこから制作スタート。

まず、新聞紙を丸めて作りたいカボチャの大きさに丸めます。

 

「まだまだ大きくするわ」という方、

「私はこのくらいでいいかしら」という方、思い思いに形を作っていました。

 

 形が出来上がったら、色を貼っていきます。

いろんな色の紙を、筆を使って貼りつけていきます。

 

「ここはもう少し重ねた方がいいかしら」

などと話をしながら制作を楽しんでいました。

出来上がった作品がこちら!!

 

素敵なカボチャができあがりました☆

 

過去のお知らせ一覧