Arrow
Arrow
Slider

私たち、救護施設さつき荘は、
利用者の皆様が、
尊厳を持ち、
情報を持ち、
希望を抱き、
穏やかな気持ちで暮らしていくことで、

自立心を持ち、
生きがいを持ち、
必要とされ、
豊かな気持ちで生きていけるよう、

ひとりひとり、ひとつひとつ、
支援します。

さつきニュース

2017-12-27

展示作品募集!

館内の各所に展示する絵画、イラスト、写真などの作品をお貸しいただけませんか?  憩いの空間づくりにご協力ください。
2017-12-01

ボランティア募集!

ボランティア活動していただける方を募集しています。内容:カラオケのお手伝い(リクエストの入力など)日時:第1・第3(土)13:00~15:00人数:若干名備考:一緒に歌って楽しんでいただいてOKです。

過去のさつきニュース一覧

さつきレポート

2017-12-20

明治学院クリスマスの集い

毎年恒例の明治学院中学校・明治学院東村山高校のクリスマスの集いのお誘いをうけ、生徒の皆さんの素敵な歌や演奏、演劇を堪能させていただきました。
2017-12-19

忘年会

ゲーム大会や職員出し物やネギトロ丼やらで、たのしく盛り上がりました。今年1年お疲れ様でした。また来年もみなさん頑張りましょう!
2017-12-01

1日1ホメ~ホメる活動(ホメ活)キャンペーン実施中です

今日は誰かをホメましたか?ほめられた方もほめた方もなんだか楽しい、そんな感じでやってます。

過去のさつきレポート一覧

基本方針

利用者が主体であることを認識し、意思の尊重に努める。
利用者のプライバシーと人権には最新の注意を払い、信頼と安心感を得るように努める。
利用者個々の持つ可能性を追求し、より豊かな生活や自立に向けての援助に努める。
職員は、利用者サービスの充実を図るために、専門職としての知識や技術の習得に努める。

さつきポリシー <さつき荘 倫理行動綱領>

救護施設さつき荘のポリシーは、
クオリティ オブ ワークス(サービスの質)を高めることで、
クオリティ オブ ライフ(生活の質)を高め、
バリュー オブ ライフ(人生の価値)を見出してもらうことで、
バリュー オブ ワークス(事業の価値)を高めていくことです。

さつきポリシー

さつきイズム <さつき荘 行動基準>

 救護施設さつき荘は、「村山苑基本理念」「村山苑倫理綱領」「村山苑行動規範」及び「さつき荘基本方針」、そして「さつきポリシー」を実現するため、利用者支援や日々の業務における判断基準となるような職員としての指針を「さつきイズム」として、これを日々実践していくことを宣言します。

さつきイズム

救護施設とは

救護施設とは

生活保護法に基づく施設です。身体や精神に障害があったり、何らかの生活上の問題のため日常生活を営むことが困難な方が入所し、健康で安心な生活を送りながら、自立を目指し自己実現が図れるよう支援する施設です。利用期間や障害種別の制限はありません。支援を必要としている方を幅広く受け入れる救護施設は、“地域におけるセーフティネット”として機能しています。